Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#03 マニアは物語をそこに読む

 電車の本質は輸送です。旅客をA地点からB地点まで有償で輸送することが本質です。ですから極端な話、安全輸送さえできれば電車には色なんて塗る必要はありませんし、新幹線のように技術的な事情がない限りは造型にこだわる必要はありません。

追記を表示

スポンサーサイト

#02 鉄道マニア診断テスト

 マニアは電車を見る目が違うという話をしました。今回はそれを踏まえて『ご家庭でもできる鉄道マニアチェック』をやってみましょう。

追記を表示

#01 鉄道マニアが見ているもの

 駅に電車が入線してきます。日常的な風景です。
 たとえば通勤通学に毎日東武鉄道を利用しているとしましょう。東武伊勢崎線を走る電車はいろんな形がありますが、通勤型は片側3~4ドアの車両ですので、一般利用者の感覚からすればまあドアの枚数と6両編成か10両編成か、それとも8両編成かが気になるところでしょうか。

追記を表示

こんにちは

 こんにちは。このブログを書いている私、サマンサは生粋の鉄道マニアです。
 鉄道マニアというとアニメやゲームと並ぶオタクの代表格であり、一般人から見れば怪しさ大爆発の趣味でありましょう。休日にカメラをかまえたさえない男(最近は女性の鉄道マニアも増えたそうですが)を見かけた人も多いかと思います。実際、趣味の認知度としては鉄道マニアってーのは結構高い。なんとなればホームで写真を撮っていても『なんだ鉄道マニアか』で済むんですから。
 考えてもごらんなさい。あんなごっついカメラを駅以外の施設、たとえば警察署や住宅街で構えていたら通報されてもおかしくありません。鉄道だって立派な公共施設。にもかかわらずカメラを構えても(印象はともかく)認知されているのですから、なんだかんだ言ってメジャーな趣味だと思います。
 とはいえ、鉄道マニアを見てやっぱり不気味なものはあると思うんですよ。電車なんかの写真を撮って、連中何考えてんだと思う人もいっぱいいると思います。相手の考えが読めないというのは人間にとって恐怖です。何してくるかわかったもんじゃありませんから。
 でも、彼らの行動パターンが読めれば、実はそれほどおかしな人種ではないこともわかるかと思います。
 このブログでは、鉄道マニアというのは一体何が楽しくて鉄道なんぞを追っかけているのか。ということを鉄道マニア暦35年の俺が語ってみようかと思います。

Appendix

プロフィール

サマンサ

Author:サマンサ
 三度の飯より電車が好きな鉄道マニアの戯言。
 似顔絵は■裂斬ブログ■より。

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。