Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#29 鉄道マニアは番号がきになる

0610261.jpg
 上の写真のように、鉄道の車両には番号がついています。この電車は常磐線を走るサハ411-1701です。何の変哲もない数字の列ですが、マニアにとってはこの数字がとーってもそそられる並びなのです。今回はそんな、番号にまつわるお話。

追記を表示

スポンサーサイト

#28 鉄道マニアは苦渋の決断をする(2)

 鉄道マニアというのは難儀な性格で、そこに電車がある限り、そこに線路がある限り、アンテナが反応してしまう悲しい性質を持っています。脳で考えていません。脊椎反射です。昆虫です。むしけらです。

追記を表示

#27 鉄道マニアは苦渋の選択をする(1)

 大人の人間たるもの、趣味の一つや二つは持っていて当然といえましょう。鉄道趣味もあまりディープに走らなければ、なかなか楽しいものです。しかし、鉄道趣味というのは一方で女性に理解されない趣味です。そして、人生というのは女性とかかわっていかねばならんのです……。

追記を表示

#26 鉄道マニアは電車を見つめる

 鉄道好きと鉄道マニアの違いは、鉄道に対して持論を持つことです。それが正しいかどうかは問題ではありません。自分で見つめて、感じて、考えることが大事なのです。今回はそれを例に挙げて説明していきましょう。

追記を表示

#25 鉄道マニアはルートにこだわる

 今回は首都圏の路線図を手元に用意すると理解が早いかと思います。ただし鉄道マニアはそのプライドにかけて脳内路線図でお楽しみください。

追記を表示

#24 鉄道マニアは再発する

 このブログを読んでいる方ならお分かりでしょうが、俺はかなり筋金の入った鉄道マニアです。こんな俺を見て「鉄道マニアとはなんと恐ろしい人種であろう」と思っている方もいるかと思います。
 しかし、そんなあなたも『鉄道マニア』という病にいつ冒されるかはわからないのです。

追記を表示

#23 鉄道マニアは散歩する

 このブログを読んだ知人(マニアや一般人などいろいろ)が申すには、「お前のブログを読んでいると、鉄道マニアはこわくないどころか空恐ろしい」とのこと。鉄道マニアだって一般的な人間であり、ちっとも変な存在ではないということを世に知らしめたかったブログであったはずなのに、どこをどう間違ったのでしょう。

追記を表示

#22 鉄道マニアは細部にこだわる

 何事においても好き嫌いというものはあります。鉄道マニアにおいてもしかり。贔屓の鉄道会社、好きな車両、好きな車両メーカーなんてのがあったりします。

追記を表示

#21 鉄道マニアは電車を見送る

 鉄道マニアは電車が好きです。しかし、こう言っては角が立つかもしれませんが「異性なら誰でもいい」ってわけじゃないように、電車がすきでもAよりBを希望、みたいなのはあるわけです。ある路線で電車を待っていて、意中の電車が来ればその日は天に舞うほどウキウキできるのですが、そうでない場合はかなりがっかりします。

追記を表示

#20 鉄道マニアはこうして作られる(2)

 鉄道マニアの卵が自我を持ち始めると、遠くに出かけて自らの目で列車を見たり路線を追ったりしたくなります。最近、物騒な世の中ということで子供の防犯対策が叫ばれていますが、俺が子供の頃は同じように悲しい事件はいろいろありましたが、その割にはおおらかでした。

追記を表示

#19 鉄道マニアはこうして作られる(1)

 こういってはなんですが、男の子というのは乗り物が大好きです。それが航空機か自動車か鉄道かは知りませんが、まあとにかく小さいときに鉄道が好きになって鉄道マニアへの道を進みます。

追記を表示

#18 鉄道マニアは食事にこだわる

 旅に出ると、駅弁の一つも食べたくなる方は少なくないと思います。地元の特産品や珍味の入ったお弁当は、旅の気分を盛り上げてくれること間違いなしです。鉄道マニアは日本中いろんなところを旅しているのだから、さぞいろんな駅弁を食べていること思うでしょう。

追記を表示

#17 鉄道マニアは観光しない

 鉄道マニア、特に『乗り鉄』と呼ばれる一派は日本中、時には世界中の鉄道に乗っています。しかし、彼らに観光ガイドをかねて旅行相談などするとえらい目にあいます。
 彼らは観光などしませんから。

追記を表示

#16 鉄道マニアは時間をひねり出す

 出張。一般の方にとっては面倒なものですが、鉄道マニアにとっては出張先に鉄道があるならば何とかして攻略しようと考えます。わずかな時間でも捻出し、乗りつぶしが駄目ならせめて撮影でも、とばかりにカメラをこっそり抱えて仕事に向かいます。もしスーツ姿でカメラを構えている人を見かけたら、その人は出張中の鉄道マニアかもしれません。

追記を表示

#15 鉄道マニアは強行する

 鉄道マニアは撮影に出かけるとき、好天であることをひたすら祈ります。しかし主は、そんな鉄道マニアに読みは同じでも「荒天」を与えることがあります。鉄道マニアは当然嘆きますが、前々から周到に計画したスケジュールですので、そう簡単に順延するわけにもいきません。諦めるか強行するか?
 愚問です。鉄道マニアは強行します。それがマニアというものです。

追記を表示

#14 鉄道マニアは正確を期す

 まずは下の画像をご覧下さい。
0610111.jpg

追記を表示

#13 鉄道マニアは弔問する

 昭和40年代後半あたりから、鉄道事業はマイカーの普及によりたいへん崖っぷちな運命に晒されています。もともと大量に旅客や貨物を輸送することが鉄道の特質であり、利用客が少ない路線では採算など取れないのです。

追記を表示

#12 鉄道マニアは収集する

 男というのは不思議な生き物で、何かを集めることに喜びを感じる習性を持っています。鉄道マニアも一応は男ですから、やっぱり集めます。

追記を表示

#11 鉄道マニアは場所が気になる

 このブログには、毎回たくさんの鉄道写真を掲載していますが、俺はあえて撮影場所を記していません。
 これは別にいじわるでもなんでもなく、鉄道マニアの楽しみを奪いたくないからです。

追記を表示

#10 鉄道マニアは確認する

 鉄道マニアはいつも電車が気になっています。道を歩いていて電車の音が聞こえると条件反射的に振り向いてしまうものです。

追記を表示

#09 鉄道マニアは我慢ができない

 遠出をすれば、出先を走る列車の写真を撮りたくなるのが鉄道マニアです。しかし、家族の手前、友達の手前、彼女の手前、嫁の手前、いろんな手前がありますがとにかく勝手な行動は取れないわけです。そんなときはおとなしく、鉄活動は諦めるというのが大人のたしなみといえましょう。

追記を表示

#08 鉄道マニアは邪念に襲われる

 ずいぶん昔の話になりますが、北越急行ほくほく線の電車を撮影したくなって上越線に撮影に行きました。
 上越線塩沢駅。3両編成の電車を降りると自販機ひとつない道をとぼとぼと30分くらい歩きます。撮影場所に到着するとカメラを構えて、列車の通過を待つわけです。
 次の列車まであと40分……。

追記を表示

#07 鉄道マニアは悶々とする

 俺は鉄道マニアです。電車に乗ればいろいろ気になることがあります。
 この間池袋から川越まで急行電車で帰ってきたんですが、乗った電車がクハ81115。東上線ではもはや2両しか残っていない貴重な貴重な未更新の車両でした。たまたま持っていたカメラでそれを撮影すると、反対側からやってきた池袋行き特急はなんとクハ8112。初期更新型の8000系です。仕事で疲れた気分は一気に吹っ飛び、この幸運に浮かれておりました。

追記を表示

#06 鉄道マニアは想像する

 鉄道マニアはただ漫然と列車を眺めているわけではありません。時には列車を見て、想像して楽しむこともします。
 一つの鉄道会社に異なる形の電車が走っている場合、そこにはそうなるだけの理由が存在します。その理由をあれこれ想像するのもまた、鉄道マニアにとっては楽しいひとときなのです。

追記を表示

#05 スカートの有無は大事な問題です

 鉄道写真マニアは常に車両の記録を続けなくては気がすまないということを#04でお話しましたが、一般の方には「でも1枚撮っておけばそれでいいんじゃないの?」と思う向きもありましょう。毎日毎日撮影しなくとも、たとえば毎週日曜日に半日撮影すれば、けっこうな量を記録できます。
 ですが、一般人にとっては同じ形に見えても、マニアにとってはまったく別物という場合もあるのです。いわゆるバージョン違いというやつです。

追記を表示

#04 毎日が8月31日

0610011.jpg
 上の画像は、京浜東北線の209系電車です。現在83編成が大宮と大船の間を結んでいます。京浜東北線に行けば間違いなくこの電車がやってくるので、珍しくもなんともない電車です。
 しかし、これから1~2年の間に、この電車を撮影する人がどっと増えるはずです。

追記を表示

Appendix

プロフィール

サマンサ

Author:サマンサ
 三度の飯より電車が好きな鉄道マニアの戯言。
 似顔絵は■裂斬ブログ■より。

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。