Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C13]

サマンサ君、初日の出暴走でもご覧になったのか。
1月2日に富士吉田まで行って、「入場券」とは
実に穏やかじゃあないねぇ。普通買いませんよ、こういうのは。
入鋏痕もないじゃないか。
私は歴代はつかりシリーズの、右の列、上から2段目のちょっと青いやつがいい、ような気がする。
収集癖はないので、とっとと使うと思いますが。
そういえば我が家にも、昔電車に着いていたらしい
椅子があるが、あくまでも実用品として購入したことを
申し添えておこう。
もっとも、訪問客にはなぜか一発で見破られましたが。
  • 2006-10-09
  • 投稿者 : 某老人
  • URL
  • 編集

[C14]

 俺は鉄道マニアですから、自動車にはわき目もふりませんよ。このときは藤急行の3100形を撮影に出かけたのです。
 それにしても「実用品」として椅子を買うなら普通は家具屋さんなりホームセンターで新品を買うと思うのですが、そこで「電車についていたらしい」座席(中古ですよね)を買ってしまった。
 私にはその行動が鉄道マニアの典型的思想に見えてしかたがありません。どうか電車を「趣味的に」1両購入して車庫においておくなどという暴挙に出ないよう、ご自愛くださいませ。
  • 2006-10-10
  • 投稿者 : サマンサ
  • URL
  • 編集

[C236] ロールスクリーン

ロールスクリーン http://nys.archiunite.net/

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sibazuke.blog67.fc2.com/tb.php/13-1a5f1076
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

#12 鉄道マニアは収集する

 男というのは不思議な生き物で、何かを集めることに喜びを感じる習性を持っています。鉄道マニアも一応は男ですから、やっぱり集めます。






▲駅の看板や運転士用の時刻表など、鉄道会社にとってはゴミのようなものでも鉄道マニアにとっては垂涎もののお宝です。最近はゴミ処理にお金がかかりますので、お金を払ってでも引き取ってくれるマニアは上得意様です。
▲朝から並んで購入したsuica。もちろん使っていません。記念ICカードは、プリペイドカードにくらべるとまだ少数ですが、きっぷと違って長期間の保存にも耐えられそうなので、今後もしかしたら記念ICカードも頻繁に出るかもしれませんね。
▲「ご当地もの」のプリペイドカードも結構あります。特にマニアは使わないで保存する人もいますので、売った分丸儲けということも期待できます。ちなみにこのカードも全部未使用です。つーかオレンジカードって使う機会がないのよ。
 10月14日は鉄道の日です。この日を前後に鉄道会社各社がイベントを行います。最近では鉄道会社も「グッズを作れば儲かる」ということを学習したため、各種グッズを作って鉄道マニアを煽っています。私鉄の中には本業よりもグッズの売り上げのがあるんじゃないかと思えるようなところもあったりしますし。
 とはいえこれらのグッズ製作にはある程度の投資が必要です。そういった体力のない鉄道会社は何をするかというと、古くなったきっぷや鉄道部品を売るんです。これなら元手はかかりません。

 つーかゴミだし。

 しかし、しかしですね。ある人にはゴミかもしれませんが、そのゴミをお金を出してほしがる人がいっぱいいる。これが鉄道マニアなんです。駅の看板、列車の行き先表示器、乗務員用時刻表などから、果ては電車1両まるごとご購入(本当にあるんです)まで、マニアは金に糸目をつけません。

 さて、これら鉄道グッズの中には、数が限られているものもあります。いわゆる限定品という奴です。当然マニアは限定品には目がありません。購入のためには朝早くから(場合によっては徹夜で)並びます。
 たとえば俺の場合、左の写真にあるsuicaを買うために朝早くおきて駅に並びました。川越なんて地方都市の駅なので、まあ朝の6時に行けば大丈夫だろと思って行ったらすでに30人くらい並んでいてびっくりしたものです。
 このほか、地域限定グッズというのもあります。ご当地でしか買えない鉄道グッズなんですが、これもついつい買ってしまうのが鉄道マニアのマニアたる由縁です。左の写真にある「特急スーパーはつかり号デビュー記念オレンジカードセット」は5000円しますが、ご当地だからとついつい買ってしまった例です。
 ご当地モノではないパスネットやスルットKANSAIなどのプリペイドカードも集めている人もたくさんいます。電車に乗るついでに買うものですから、結構集まるんですよね。でも、所有枚数を数えられるうちはコレクターとはいえません。「大体40センチくらいかな」と、「厚さ」で表現できるようになって初めて鉄道マニアといえましょう。

 そんなこんなで鉄道マニアでも「コレクター」になった場合、その出費は莫大なものとなります。「鉄道は金を失う道と書く」とはよく言ったもので、鉄道趣味は結構お金がかかるものなのです。
 ですから、ホームで撮影をしている鉄道マニアや鉄道イベントに並んでいる人たちがしょぼい服を着ているのは、基本的に「有り金を趣味に全力投球しているから」にほかなりません。
 それは本人の選択であり自由なんですけど、中にはいわゆる「ファッションオタク」をバカにするような発言をする鉄道マニアもいまして……。
 趣味人として、他人の趣味をバカにしちゃあいけないよ。




★今日の鉄道まめ知識★
●硬券
0610095.jpg
 最近はICカードやプリペイドカードが幅を利かせており、都市部では切符を購入する機会そのものが少なくなっていますが、それでも一定の割合できっぷを集めるマニアは存在しています。
 とはいえ、彼らが集めるきっぷは「硬券」と呼ばれる厚紙に活字で印刷したもので、駅の自動きっぷ売り場で売っているような「軟券」は収集の対象外である場合がほとんどです。
 軟券は、感熱紙に熱を加えて印刷する昔懐かしのサーマル方式で印字しているため、時間とともに印字が消えてしまうんですね。ですから、長期保存しているうちに何がなんだかわからなくなってしまうんです。これじゃあコレクションにならない。
 しかし、硬券だって油断できません。古本屋にある本が全体的に黄ばんでいるのを見たことがあるでしょうか。紙って時間とともに酸化してボロボロになっちゃうんです。ですから、ちゃーんと保存しないと硬券は硬券で酸化してまっ茶色になってしまうというわけ。
 その点、プリペイドカードは保存が利くので、若い人を中心にプリペイドカード収集が一大勢力となっていたりもします。
左の画像が硬券。厚紙に活字で印刷したものです。下のきっぷ(昭和49年)は保存状態が悪かったので、時間とともに黄ばんできているのがわかります。



スポンサーサイト

3件のコメント

[C13]

サマンサ君、初日の出暴走でもご覧になったのか。
1月2日に富士吉田まで行って、「入場券」とは
実に穏やかじゃあないねぇ。普通買いませんよ、こういうのは。
入鋏痕もないじゃないか。
私は歴代はつかりシリーズの、右の列、上から2段目のちょっと青いやつがいい、ような気がする。
収集癖はないので、とっとと使うと思いますが。
そういえば我が家にも、昔電車に着いていたらしい
椅子があるが、あくまでも実用品として購入したことを
申し添えておこう。
もっとも、訪問客にはなぜか一発で見破られましたが。
  • 2006-10-09
  • 投稿者 : 某老人
  • URL
  • 編集

[C14]

 俺は鉄道マニアですから、自動車にはわき目もふりませんよ。このときは藤急行の3100形を撮影に出かけたのです。
 それにしても「実用品」として椅子を買うなら普通は家具屋さんなりホームセンターで新品を買うと思うのですが、そこで「電車についていたらしい」座席(中古ですよね)を買ってしまった。
 私にはその行動が鉄道マニアの典型的思想に見えてしかたがありません。どうか電車を「趣味的に」1両購入して車庫においておくなどという暴挙に出ないよう、ご自愛くださいませ。
  • 2006-10-10
  • 投稿者 : サマンサ
  • URL
  • 編集

[C236] ロールスクリーン

ロールスクリーン http://nys.archiunite.net/

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sibazuke.blog67.fc2.com/tb.php/13-1a5f1076
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

サマンサ

Author:サマンサ
 三度の飯より電車が好きな鉄道マニアの戯言。
 似顔絵は■裂斬ブログ■より。

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。