Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C21] 鉄道マニアに旅行相談……

はじめまして、荒城の月といいます。
サマンサさんのページは玉電のころから見ていましたが、初めての書き込みになります。
「鉄道マニアに旅行相談なんかするととんでもない目に会う」と書かれていますが、そのとんでもない目に会った覚えがあります(汗)
高校時代、文芸部で合宿と称した旅行をしよう、場所は東北がいいな、という話になりました。
このとき同輩だった鉄道マニアのK君、部員の要望を見事に盛り込みつつ、とんでもないスケジュールを組みやがりました。
あけぼののごろんとシート、リゾート白神はいいとして、山田線に岩泉線、極めつけは盛岡から上野まで普通列車ぶっ通し。
本人は否定していましたが、おそらく乗りつぶしも兼ねていたんではないかと思います……
楽しかったですけどね、もちろん。
  • 2006-10-14
  • 投稿者 : 荒城の月
  • URL
  • 編集

[C22]

こんにちは。
盛岡から上野まで普通列車とは、またとんでもない苦行をこなしましたね。
本人が否定しているとのことですが、多分本人は、それがあたりまえに思っているんじゃないかと思います。旅費を浮かせて列車に長時間乗れる。なんてすばらしいんだとうと。

しかし、楽しかったということは荒城の月さんにもその素質が十分にあるということでしょう。列車の時間に左右されず、観光を楽しむようにして暗黒面に落ちぬよう、ご自愛ください。

今日もHiSEに乗るため小田原に言ったはいいが、小田原に15分しか滞在しなかった俺が言うセリフではありませんが。
  • 2006-10-14
  • 投稿者 : サマンサ
  • URL
  • 編集

[C224] 戦術と30代,40代の転職

戦術とは、戦いに勝つために行なう具体的な行動のことをいう http://storysony.photobycolin.com/

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sibazuke.blog67.fc2.com/tb.php/18-9bbc769b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

#17 鉄道マニアは観光しない

 鉄道マニア、特に『乗り鉄』と呼ばれる一派は日本中、時には世界中の鉄道に乗っています。しかし、彼らに観光ガイドをかねて旅行相談などするとえらい目にあいます。
 彼らは観光などしませんから。
0610141.jpg
▲福島交通の終点、飯坂温泉駅。駅前には温泉が広がっていますが俺はこの写真を撮影したあと、5分後に出る福島行きの電車に乗って帰りました。

 どんな著名な温泉だろうが世界遺産だろうが、鉄道マニアには関係ありません。鉄道マニアにとって大事なのは鉄道です。駅の写真を撮れば後は用なしってもんです。これは別に観光や特産品に興味がないわけではなく、とにかく鉄道マニアは過酷なスケジュールを組んでしまう傾向があるんです。
 本ブログ#16における俺の行動を見てもわかるように、鉄道マニアは限られた時間を目いっぱい効率よく使います。とにかく無駄を嫌う。ですから時刻表と格闘し、一般人には無茶とも言えるスケジュールを組みます。観光地の終点で電車が3分で折り返すなら、滞在時間は3分です。
0610142.jpg
▲神戸電鉄の有馬線に乗ったとき撮影した写真。終点有馬温泉での折り返し時間がたしか2~3分だったので、有馬温泉駅で写真を撮るヒマがなく、一つ先の有馬口駅で撮影しました。温泉? なんですかそれ。

 鉄道マニアだって人間の端くれ(このブログを書いているうちに、自信がぐらついているフシもありますが)です。ですから決して観光したくないわけではありません。温泉に入っておいしいもの食べて、ゆっくりできたらどれだけいいか。
 しかし、こんなことを思うようになったのは30歳を超えてからです。20代前半まではそれはそれはもう、旅といえるかどうかわからんような「苦行」をしていましたし、それ以前にそれを苦行とすら思っていませんでした。
 当時は『ワイド周遊券』という一定のエリアが乗り放題のきっぷがありました。そのきっぷは指定のエリアでは特急・急行の自由席に乗り放題と、たいへんお得でした。当時は夜行列車が結構走っていまして、自由席もつながってたんですね。これを利用して「夜行列車とんぼ返り」という荒業をやっておりました。
 たいていの列車には上りと下りがあります。ということはどこかですれ違うわけです。夜行列車にもそれが当てはまりまして、A駅から夜行列車に乗り、すれ違う手前の駅で降りる。そして反対方向の夜行列車を捕まえて朝もとの駅に戻る。これで宿代を浮かせていました。
 ……信じられない話ですが、これは鉄道マニアの間ではあたりまえの話で、宿に泊まるなど軟弱のきわみといわれていたほどです。

 もう一つ、鉄道マニアだけでなく一般人の方にも愛好者が多いといわれる『青春18きっぷ』の話をしましょう。普通列車ならJR全線乗り放題というこのきっぷ、普通ならまあ、ちょっとした中距離の行楽などに使われます。5日分で11,500円ですから1日あたり2,300円。片道1,150円区間以上のところに出かければ元が取れます。
 しかし、鉄道マニアは1日目いっぱい乗れるだけ乗れることを良しとします。当然観光なんか眼中にありません。観光している時間に何キロ余計に列車に乗れると思っているのでしょうか、てなわけです。俺も若いころ、南福岡(福岡県)から東京まで約24時間普通列車に乗ったことがありますが、妙に充実していた記憶があります。今はそんなことしたいとも思いません……といいたいところですが、数年前に新潟から大鰐温泉まで鈍行列車の旅を敢行していたことを思い出しました。
0610143.jpg
▲JR東日本の701系電車。数年前、新潟から大鰐温泉まで各駅停車で出かけたとき、行程の半分くらいはこの電車でした。通勤電車の座席に6時間近く座ってるとさすがに腰に来ます。歳だねえ俺も。もちろん大鰐温泉に出かけたのはローカル私鉄の「弘南鉄道」に乗るためであり、温泉など目もくれておりません。

 こんなんでキミらは楽しいのか! といぶかる向きもありましょう。しかし(困ったことに)これが楽しいのですよ。節約上手の主婦気分といいましょうか。まあ、百歩譲って学生まではお金もありませんしこういう旅行もしかたがないといえましょう。しかし、社会人である程度収入があってもこういう旅行を楽しいと感じてしまう。これが鉄道マニアなのです。



★今日の鉄道豆知識★
●観光列車
0610144.jpg
 鉄道マニア、特に乗り鉄は観光をしないといいましたが、例外もあります。それは観光列車です。
 観光列車とは列車に乗ることそのものが観光というもので、国鉄時代はジョイフルトレインなどと呼ばれていました。わかりやすい例を出せば、〈SL列車〉なんてのは観光列車の最たる例です。
 鉄道マニアは線路の上にある観光なら喜んで行います。そのため鉄道事業者も工夫を凝らした観光列車を設定して走らせていますが、鉄道写真を撮影する趣味を持つ「撮り鉄」という人種にとっては、乗るべきか撮影するべきか、ジレンマに陥る人もいます。たいてい観光列車ってのは地方を走っていて本数もありませんので、行程上「どちらか」になってしまうんですよね。
 上の写真は秩父鉄道のSL急行(例によって〈パレオエクスプレス〉ではなく、マニアックに〈秩父路〉の写真を貼りますが)、下の写真は富士急行の〈フジサン特急〉で、いずれも首都圏で気軽に乗れる観光列車です。
0610145.jpg
▲富士急行のフジサン特急は、子供には人気がありますが、鉄道マニアにはそのうかれた塗装について賛否があったりします。
スポンサーサイト

3件のコメント

[C21] 鉄道マニアに旅行相談……

はじめまして、荒城の月といいます。
サマンサさんのページは玉電のころから見ていましたが、初めての書き込みになります。
「鉄道マニアに旅行相談なんかするととんでもない目に会う」と書かれていますが、そのとんでもない目に会った覚えがあります(汗)
高校時代、文芸部で合宿と称した旅行をしよう、場所は東北がいいな、という話になりました。
このとき同輩だった鉄道マニアのK君、部員の要望を見事に盛り込みつつ、とんでもないスケジュールを組みやがりました。
あけぼののごろんとシート、リゾート白神はいいとして、山田線に岩泉線、極めつけは盛岡から上野まで普通列車ぶっ通し。
本人は否定していましたが、おそらく乗りつぶしも兼ねていたんではないかと思います……
楽しかったですけどね、もちろん。
  • 2006-10-14
  • 投稿者 : 荒城の月
  • URL
  • 編集

[C22]

こんにちは。
盛岡から上野まで普通列車とは、またとんでもない苦行をこなしましたね。
本人が否定しているとのことですが、多分本人は、それがあたりまえに思っているんじゃないかと思います。旅費を浮かせて列車に長時間乗れる。なんてすばらしいんだとうと。

しかし、楽しかったということは荒城の月さんにもその素質が十分にあるということでしょう。列車の時間に左右されず、観光を楽しむようにして暗黒面に落ちぬよう、ご自愛ください。

今日もHiSEに乗るため小田原に言ったはいいが、小田原に15分しか滞在しなかった俺が言うセリフではありませんが。
  • 2006-10-14
  • 投稿者 : サマンサ
  • URL
  • 編集

[C224] 戦術と30代,40代の転職

戦術とは、戦いに勝つために行なう具体的な行動のことをいう http://storysony.photobycolin.com/

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sibazuke.blog67.fc2.com/tb.php/18-9bbc769b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

サマンサ

Author:サマンサ
 三度の飯より電車が好きな鉄道マニアの戯言。
 似顔絵は■裂斬ブログ■より。

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。