Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C23]

ボーヴォワールを思い出しましたよサマンサ君。
『第二の性』の第1章が「女はこうしてつくられる」だったかね。
さしずめ「人はマニアに生まれるのではない。マニアになるのだ」と云ったところでしょうか。
『冷感症の女』などの文献にはどきどきしたものですが、
さしずめ擦れ違う電車に対して無関心でいられるように
なるのには…あと何年かかるんでしょうな。
ごくごく当たり前のことではあるんだが。
  • 2006-10-19
  • 投稿者 : 某老人
  • URL
  • 編集

[C27]

こちらもボーヴォワールの言葉を借りて。
『マニアは他者化された性癖である」』のですよ。自身にとっては自分は自分であるけれど、他者という観察者からはそれは観察者と異なる性癖を持つ何かなのです。
実際、すれ違う電車を見て生物学的には同じ構造を持つ生き物が違うところを観察する。これはまさに、マニアというものが作られたものであるという、まさに象徴的な発見ではないだろうかと、大仰なことを言ってみますが。

まあとにかく、鉄道マニアはそういう風に作られているのだから、無関心になるのは難しいかと思います。
「ドアだけ見て乗れほかは気にするな」といっても、老人さんはたとえば京成で3295編成が来ると乗るべきかどうか電話してくるような方ですからね……。
 普通の人は車両を見てルートを変えたりしませんよ。道は険しいですが、センサをできるだけ立てないよう、ご自愛くださいませ。
  • 2006-10-20
  • 投稿者 : サマンサ
  • URL
  • 編集

[C218] デオドラントの美容効果

デオドラントとは、細菌の繁殖を抑えるなどして体臭の嫌な臭いを抑えたり、脱臭や消臭をすることを言います http://malapropos.crosstudio.net/

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sibazuke.blog67.fc2.com/tb.php/21-f35d786e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

#20 鉄道マニアはこうして作られる(2)

 鉄道マニアの卵が自我を持ち始めると、遠くに出かけて自らの目で列車を見たり路線を追ったりしたくなります。最近、物騒な世の中ということで子供の防犯対策が叫ばれていますが、俺が子供の頃は同じように悲しい事件はいろいろありましたが、その割にはおおらかでした。
 とはいえ、学校側としては子供だけで電車に乗って遠出するなど、もし何かあったら(教師の意思とは関係なく)責任として降りかかってきます。今思えば遠出したことがバレて先生が激怒したのもよくわかります。当時はそんなことは露とも思いませんでしたが。
 大人ってたいへんなんですね。

 鉄道マニアは鉄道に絶大な信頼を置いているので、どんなに遠征しようが不安になることはありません。たとえば新宿駅で電車の側面に「横須賀」と書いてあればその電車が鎌倉へ行くことを疑わないのが鉄道マニアです。いや、一般の人で目の前にでっかく「横須賀」って書いてあるのに「この電車は鎌倉に行きますか」って聞く人いますやん。横須賀に行くんだから鎌倉に行くのはあたりまえ。こう思うのが鉄道マニアです。
0610171.jpg
▲新宿駅で撮影した湘南新宿ラインの横須賀行き。これを見ればこの電車が渋谷、恵比寿、新川崎、横浜と、横浜から横須賀までのすべての駅に止まることはわかるわけです。時刻表などで路線図を把握している鉄道マニアにとってはものすごく当たり前のことなんですが……。

 ですから、鉄道マニアにとっての旅行というのはある意味『情報の確認』みたいなところがあります。熊谷から妻沼に向かう東武熊谷線が廃止されると雑誌で読んで、いても立ってもいられず(先生に内緒で)熊谷へでかけてみれば鉄道マニアでいっぱい。ああ、本当に廃止されるのか、と情報を確認する、てな感じです。
 情報の確認ですからドキドキはあまりない。つまり保護者はいないけどガイド付の旅行みたいなもんで、子供たちにとってはどってことない話なわけです。だから「そんな大したことないのに、何で先生や親はそんなに怒るのだろう」くらいにしか、鉄道マニアは思ってません。
0610172.jpg
▲昭和58年、当時の友人である吉野君と沢田君と俺で東武熊谷線の撮影に行きました。川越から熊谷なんてたった50キロ程度しか離れていないいわば近所。近所に出かけるのに何で親はそんなに怒るのか理解できませんでした。いやまあ、怒るわな普通。

 そんな『情報の確認』で遠征をしているとお金がかかります。お金がなくても首都圏の鉄道マニアなら、初乗り区間の切符を買って一筆書きで列車を乗り回す通称『大回り乗車』をしたりして、鉄道欲を開放します。俺は私鉄マニアでしたので、国鉄なぞ何キロ乗ろうが癒されません。辛かったなあ。
 で、この頃になると女の子はおしゃれや交友関係にお金を使い、一方で鉄道マニアはひたすら鉄道に貢ぐ。鉄道マニアと女性はこのあたりから、だんだんと断絶していくのでした。
 女の子だって電車にうつつを抜かしている男なんて相手にしませんし、鉄道マニアは鉄道マニアで電車の追っかけに忙しいのです。女なんて星の数ほどいるというのに、たとえば201系は再来年なくなるんですよ!
 ですから、中学生の鉄道マニアを指して『あれじゃあ女にもてないよなあ』と言うのはまったく意味がない。彼らはそれどころじゃないのです。
0610173.jpg
▲川越線電化前、雪の中のキハ35を撮影。手前にいる青いコートを着てカメラを構えているのが、当時の友人吉野君。鉄道仲間がいるとお互い刺激しあってどんどん行動がエスカレートします。キハ35は来年川越線から撤退。であれば女など後回しです。

 まあそんな具合に、鉄道マニアの学生時代はすぎていきます。中学生が高校生・大学生になるとアルバイトをして小金ができたりしますので、1000キロオーバーの泊りがけ大旅行などを敢行するようになります。限られたお金でひたすら『苦行』をこなすアレです。代表的な例ではJR東海の飯田線を全線乗りとおすとか、普通列車だけで東京から大阪まで行くとか。お金がないというのもそりゃあありますが、どういうわけか手有働マニアは進んで苦行をこなし、鉄道に対する帰依を深めていく傾向があります。
0610174.jpg
▲JR東海の飯田線は、全線を各駅停車で走破すると7時間近く乗りっぱなしとなります。風景も淡々としているので、鉄道がすきでも「ただ電車に乗っている」ということがどれだけしんどいか実感できます。いやマジでしんどかった(やったんかい俺)。

 こうして幾多の『修行』を積んで、社会人まで鉄道マニアの矜持を持った少数の「マニアの中のマニア」は、他人の視線も気にすることなく、己の趣味活動に邁進するのでした。
0610175.jpg
▲人生を費やして鉄道を追いかける。周りからは人生捨てているように見えるかもしれませんが、まあそれはそれで一つの幸せの形とも言えるかもしれません。



今日の鉄道まめ知識
●大回り乗車

 東京、大阪、福岡には「近郊区間」というものが設定されていまして、その範囲内で同じ駅を2度通らなければ、最短ルートの乗車距離で運賃を計算するというルールがあります。たとえば、池袋から東京へ行く場合、山手線の外回りで行こうが内回りで行こうが、もしくは新宿から中央快速線で行こうが運賃は距離に関係なく最短ルートで計算するというわけです。
 これを利用すると、たとえば池袋から東京に出かける場合、
池袋-(埼京線)-武蔵浦和-(武蔵野線)-府中本町-(南武線)-立川-(青梅線)-拝島-(八高線)-八王子-(横浜線)-橋本-(相模線)-茅ヶ崎-(東海道線)-品川-(山手線)-代々木-(中央線)-秋葉原-(東北線)-上野-(常磐線)-新松戸-(武蔵野線)-南浦和-(東北線)-大宮-(川越線)-高麗川-(八高線)-高崎-(高崎・両毛線)-小山-(水戸線)-友部-(常磐線)-我孫子-(成田線)-佐倉-(総武線)-成東-(東金線)-大網-(外房線)-千葉-(総武線)-東京

 と乗車しても、最短距離で運賃を計算するので190円となります。
 ただし、途中下車は一切できませんので、ひたすらただひたすら電車に乗るだけという、一般人にとってはまさに『苦行』であり、断じて旅行ではありません。
 大回り乗車をうまく活用するなら、行きと帰りでルートをかえる(たとえば、新宿から鎌倉に行くとき、行きは湘南新宿ラインでダイレクトに行くけど、帰りはちょっと寄り道して、上野の駅ナカでご飯でも食べて帰ろう(鎌倉-東京-上野-新宿)みたいな使い方をするとよいかと思います。
 旅行において、行きと帰りのルートを変えるのはよいものですよ。
0610176.jpg
▲池袋から東京へ行くのに、大回り乗車を活用すればこんなのどかなディーゼルカーにも乗車できます。しかも運賃は通常通りの190円! 地下鉄丸ノ内線なら約20分で行くところを、12時間以上かけて出かけるのもいいものです。
スポンサーサイト

3件のコメント

[C23]

ボーヴォワールを思い出しましたよサマンサ君。
『第二の性』の第1章が「女はこうしてつくられる」だったかね。
さしずめ「人はマニアに生まれるのではない。マニアになるのだ」と云ったところでしょうか。
『冷感症の女』などの文献にはどきどきしたものですが、
さしずめ擦れ違う電車に対して無関心でいられるように
なるのには…あと何年かかるんでしょうな。
ごくごく当たり前のことではあるんだが。
  • 2006-10-19
  • 投稿者 : 某老人
  • URL
  • 編集

[C27]

こちらもボーヴォワールの言葉を借りて。
『マニアは他者化された性癖である」』のですよ。自身にとっては自分は自分であるけれど、他者という観察者からはそれは観察者と異なる性癖を持つ何かなのです。
実際、すれ違う電車を見て生物学的には同じ構造を持つ生き物が違うところを観察する。これはまさに、マニアというものが作られたものであるという、まさに象徴的な発見ではないだろうかと、大仰なことを言ってみますが。

まあとにかく、鉄道マニアはそういう風に作られているのだから、無関心になるのは難しいかと思います。
「ドアだけ見て乗れほかは気にするな」といっても、老人さんはたとえば京成で3295編成が来ると乗るべきかどうか電話してくるような方ですからね……。
 普通の人は車両を見てルートを変えたりしませんよ。道は険しいですが、センサをできるだけ立てないよう、ご自愛くださいませ。
  • 2006-10-20
  • 投稿者 : サマンサ
  • URL
  • 編集

[C218] デオドラントの美容効果

デオドラントとは、細菌の繁殖を抑えるなどして体臭の嫌な臭いを抑えたり、脱臭や消臭をすることを言います http://malapropos.crosstudio.net/

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sibazuke.blog67.fc2.com/tb.php/21-f35d786e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

サマンサ

Author:サマンサ
 三度の飯より電車が好きな鉄道マニアの戯言。
 似顔絵は■裂斬ブログ■より。

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。