Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C31]

すごい行列だねえサマンサ君。私には正直、こんなに並ぶ気力はないよ。
イヴェントに行くのなら、閉店間際の行列がはけた頃に限る、ダメならダメで仕方がない、
ケロケロ、アッケラカのカーという私のようなスタンスでは、真のマニアとは云えないのでしょうね。
ここに並んでいる人たちは、私などとは比べものにならないマニアのはず。
ここに並んでいるような人たちは、私などでは想像も出来ないくらい
電車に乗るたびにいろいろなことが気になって、
スピーカーや行先表示や車番や手摺や網棚や銘板を目で追って、
制御器やボルスタアンカやカムやMGやブロワーの音に耳をそばだてて、
傍目には善良な何事もないような風体に見えながら、
恐るべき快感に身を任せているのだろうね。
はたして私には想像も付かない世界だよサマンサ君。
なんだか解脱できたような、清々しい気分さえ覚えるよ。
今日は電車に乗らずに一日を過ごす予定だけど、
あの新幹線かい、側面を見ない限り判別はつかないねえ。
私がよく乗るのは9号車だけど、外見はあまりわからんのだよ。
アクティヴサスが着いているかどうかは、気合いを入れて乗って、
着いているのと着いていないのをすぐに乗り換えるくらいしないとダメなんだろうね。
出張帰り、?んだあとに乗って、とっとと布団かぶっちまうようじゃあ軟弱でいけねぇな。
  • 2006-10-21
  • 投稿者 : 某老人
  • URL
  • 編集

[C32]

、いろいろ事例を挙げて言葉巧みに自分はマニアでないといいたいのかもしれませんが。
斜体]>あの新幹線かい、側面を見ない限り判別はつかないねえ。[

 普通の人はそもそも側面見ませんよ。9号車があまり変わらないってのも、知識としてまるっと知ってるわけだから、あなたも立派にマニア並みのセンサが働いているというわけですね。
 くれぐれも丸ノ内線の02-007編成の台車を見たりしないよう、ご自愛くださいませ。
  • 2006-10-22
  • 投稿者 : サマンサ
  • URL
  • 編集

[C207] 放送大学で学ぼう

放送大学の検索サイト。単位認定試験、過去問題、過去問、看護、広島など放送大学に関する各種情報をお届けしています。 http://garcon.santamonicatravelodge.com/

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sibazuke.blog67.fc2.com/tb.php/25-14a156a4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

#24 鉄道マニアは再発する

 このブログを読んでいる方ならお分かりでしょうが、俺はかなり筋金の入った鉄道マニアです。こんな俺を見て「鉄道マニアとはなんと恐ろしい人種であろう」と思っている方もいるかと思います。
 しかし、そんなあなたも『鉄道マニア』という病にいつ冒されるかはわからないのです。

 #19で男の子は乗り物が好きで、その中でも鉄道に興味を持つと「鉄道センサ」が装着されると書きました。このセンサは厄介なもので、一時は鉄道から離れ、一般人として幸せな生活を送っていたにもかかわらず、あるときとリガを引いて鉄道に関心が向いてしまうことがあるのです。いわゆる「出戻り」です。
 1996年、ゲームセンターに妙なゲームが登場しました。時間通りに電車を運転する『電車でGO!』というゲームです。このゲームは大ヒットしてゲームセンターを大いに潤わせましたが、このゲームをきっかけとして、鉄道に興味を持ってしまった人はかなりの数にのぼります。芸能人のタモリなどは、このゲームで「目覚めてしまった」例です。
0610211.jpg
▲電車でGO! はその後家庭用ゲームマシンに移植され、専用コントローラとともに大ヒットとなりました。当時『笑っていいとも』でタモリが嬉々としてこのゲームについて語っていたのを思い出します(第1作の写真がなかったので、電車でGO! 2で代用しております)。

 こういった突発的なもののほかにも、たとえば子供が生まれて、鉄道関係のおもちゃや本を買ってしまい「目覚めてしまう」こともあります。鉄道おもちゃの代表格といえば『プラレール』がありますが、最近の製品はこれがまた結構出来がいいんですよ。このほか食玩や『Bトレインショーティー』のような鉄道模型にも転用できるおもちゃなどもあり、「けもの道」へ引きずり込むためにトラップはおもちゃ屋にたっぷりと仕掛けてあるのです。
0610212.jpg
▲プラレールやBトレインショーティーなど、最近のおもちゃはむちゃくちゃ出来がよいのです。最初は子供のために買っていたはずが、徐々に自分のために……なんてことも。

 子供は好奇心のかたまりです。ですから何でも質問してきます。「人はなぜ生きているの」なんてディープな質問から、「となりの美子ちゃんにはなんでおちんちんがついていないの」なんていうやばげな質問までそりゃあもういろいろ。
 それにくらべりゃあ、「あの電車はどこへ行くの?」なんてのは答えやすい質問でしょう。なんとなればインターネットで調べれば答え一発です。子供が鉄道に興味を持ったら、絵本のページをめくるごとに質問が舞い込みます。そうなれば親の威厳を保つため、いろいろ調べてしまう。それが親というものです。
 そうしていくうちに、いつの間にか知識がたまる。知識がたまるということは鉄道センサが作動するということです。こうなると通勤時に電車のどうでもいいことに気づきだします。

 出張のとき、「あ、これが絵本に載っていたE2系って奴か」。

 危険です。
0610213.jpg
0610214.jpg
▲子供ができる前は、上と下の電車が同じに見えたお父さんが、いつの間にか上の電車と下の電車が違うと認識しだします。鉄道センサはそう簡単に消えはしないのです。ご愁傷様。

 まあ、多くの場合せいぜい地元の電車と特急や新幹線くらいに詳しくなる程度で、そんな筋金入りのマニアになるわけではありません。しかし、出張の際に列車の形式が気になったり、地元に新型電車が登場すると「おっ、新型か?」とついつい気がかりになってしまうようになります。
 そしてそんなあなたを、われわれ鉄道マニアは歓迎します。

 おかえりなさい!


今日の鉄道まめ知識
●鉄道車庫公開イベント
0610215.jpg
 鉄道会社が最近、車庫を見せるだけでお金になるということに気づきました。そんなわけでJRから中小私鉄まで多くの会社が鉄道車庫を公開するイベントを開催します。子供たちは普段見られない車庫での車両を見たりグッズを購入したり、中には列車の運転を体験させてくれるイベント(京阪大津線、小湊鉄道、関東鉄道など)まであります。ですからこれらのイベントをとても楽しみにしているのか、どこのイベントでも多くの家族連れでにぎわいます。
 俺も仕事柄、多くの鉄道関連イベントに出向くのですが、お母さんがうんざりしているのを尻目に、子供とお父さんがえらくはしゃいでいる姿をあちこちで見かけます。お母さんとしては子供が一人増えた感じなんでしょうかね。すくなくともお父さんは完全に鉄道センサがオンになっています。中にはお母さんもつられてオンになっていたりもしますが。
 鉄道会社としてはこういったイベントを開催することで、子供のころから鉄道を身近なものとしておきたいという意図があります。大人になれば多くの人が自動車免許を取得します。そのとき、「鉄道」という意識がないと鉄道に戻ってこないんです。鉄道会社は「未来の顧客」をイベントを通して開拓しているんですね。意識しているかどうかは別として。
 いずれにしても、鉄道会社と利用客の距離がグッと縮まることは間違いないので、今後も定期的にイベントを開催してほしいところです。
0610216.jpg
▲小田急電鉄のイベント会場前。会場から軽く数百メートルの行列ができていました。子供がせがむとはいえ、こういったイベントにやってくるということは『出戻りマニア』の素質は十分あるのですよ。ゆだんめされるな。
スポンサーサイト

3件のコメント

[C31]

すごい行列だねえサマンサ君。私には正直、こんなに並ぶ気力はないよ。
イヴェントに行くのなら、閉店間際の行列がはけた頃に限る、ダメならダメで仕方がない、
ケロケロ、アッケラカのカーという私のようなスタンスでは、真のマニアとは云えないのでしょうね。
ここに並んでいる人たちは、私などとは比べものにならないマニアのはず。
ここに並んでいるような人たちは、私などでは想像も出来ないくらい
電車に乗るたびにいろいろなことが気になって、
スピーカーや行先表示や車番や手摺や網棚や銘板を目で追って、
制御器やボルスタアンカやカムやMGやブロワーの音に耳をそばだてて、
傍目には善良な何事もないような風体に見えながら、
恐るべき快感に身を任せているのだろうね。
はたして私には想像も付かない世界だよサマンサ君。
なんだか解脱できたような、清々しい気分さえ覚えるよ。
今日は電車に乗らずに一日を過ごす予定だけど、
あの新幹線かい、側面を見ない限り判別はつかないねえ。
私がよく乗るのは9号車だけど、外見はあまりわからんのだよ。
アクティヴサスが着いているかどうかは、気合いを入れて乗って、
着いているのと着いていないのをすぐに乗り換えるくらいしないとダメなんだろうね。
出張帰り、?んだあとに乗って、とっとと布団かぶっちまうようじゃあ軟弱でいけねぇな。
  • 2006-10-21
  • 投稿者 : 某老人
  • URL
  • 編集

[C32]

、いろいろ事例を挙げて言葉巧みに自分はマニアでないといいたいのかもしれませんが。
斜体]>あの新幹線かい、側面を見ない限り判別はつかないねえ。[

 普通の人はそもそも側面見ませんよ。9号車があまり変わらないってのも、知識としてまるっと知ってるわけだから、あなたも立派にマニア並みのセンサが働いているというわけですね。
 くれぐれも丸ノ内線の02-007編成の台車を見たりしないよう、ご自愛くださいませ。
  • 2006-10-22
  • 投稿者 : サマンサ
  • URL
  • 編集

[C207] 放送大学で学ぼう

放送大学の検索サイト。単位認定試験、過去問題、過去問、看護、広島など放送大学に関する各種情報をお届けしています。 http://garcon.santamonicatravelodge.com/

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sibazuke.blog67.fc2.com/tb.php/25-14a156a4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

サマンサ

Author:サマンサ
 三度の飯より電車が好きな鉄道マニアの戯言。
 似顔絵は■裂斬ブログ■より。

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。