Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sibazuke.blog67.fc2.com/tb.php/8-02ca3eab
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

#07 鉄道マニアは悶々とする

 俺は鉄道マニアです。電車に乗ればいろいろ気になることがあります。
 この間池袋から川越まで急行電車で帰ってきたんですが、乗った電車がクハ81115。東上線ではもはや2両しか残っていない貴重な貴重な未更新の車両でした。たまたま持っていたカメラでそれを撮影すると、反対側からやってきた池袋行き特急はなんとクハ8112。初期更新型の8000系です。仕事で疲れた気分は一気に吹っ飛び、この幸運に浮かれておりました。
 しかし、そんなことに共感してくれる人など回りにおりません。
0610041.jpg
▲クハ81115。東上線ではこの顔の車両は2編成(8189、81115)しかありません。
0610042.jpg
▲クハ8112の特急。初期更新型の8112編成が、よりによって特急でやってきました! この顔は東上線には3編成(8108、8111、8112)しかありません。

 こんないいことがあったのに、誰もこの喜びを分かち合ってくれない。
 一気に寂しい気分になってしまいました。

 別の日、嫁と(実は俺、結婚してます。鉄道マニアの風上にもおけません)都営新宿線に乗っていました。その日で都合3回乗ったのですが、乗った電車が10-270編成、10-260編成、10-030編成の3本です。鉄道マニアならこの幸運に快哉をあげるところです。都営新宿線で究極の乗り心地を誇る10-270、内装が特別仕様の10-260、いまや超レアな初期型二段窓車10-030。実際俺は、その日は浮かれまくってニヤニヤしっぱなしでした。こんな幸運があっていいものだろうかと。
 嫁はきっと「何が嬉しいんだろこの人は?」くらいに思っていたに違いありません。
0610043.jpg
▲10-270。他の10-000形と形状が異なるほか、乗り心地も改善されている新宿線ピカイチの車両。10-280編成も同様です。
0610044.jpg
▲10-260。外見は一般的な10-000形と似ていますが、行先表示がLED方式(下の10-030と比べてください)となり、内装も卵色から白系統に変わるなどグレードの高い編成です。10-250も同じ内容です。
0610045.jpg
▲10-030。いまや少数派(ていうか先頭車で二段窓はこの車両だけ)となった側面窓が二段窓の車両です(上の10-260とくらべてみてください)

 画像のストックが3つともあったところにちょっと人としてどうかという気持ちもありますが、とにかくまあとてもラッキーだったことは間違いないのです。
 鉄道マニアはこのように、電車に乗るたび一喜一憂しています。A地点からB地点に出かけるということにおいてはどの形式がやってきても同じです。一般人から見て「そんなどうでもいいことに何血道をあげているんだ」と思うのも当然でしょう。
 人は薀蓄をたれたくなる生き物です。鉄道に限りません。たとえば彼女とサッカーを見ていれば単に「だれそれカッコいい」にとどまらず、選手の背景を一くさり彼女に言いたくなる男性はたくさんいるでしょう。女性だってたとえばレストランで食事をすればただ「おいしいおいしい」というのではなく、素材や調理法について研究したくなる人がいると思います。
 鉄道マニアは鉄道が好きですから、鉄道のそういった差異を目ざとく見つめ、そこに物語を想像したり理論を作り上げたりするのです。
 違いに気づき、レファレンスにしたがってその合理性を考える。これが鉄道マニアのマニアたる行動なのです。
 一見何食わぬ顔して通勤電車に乗る鉄道マニア。しかしその心の中では結構悶々としているかもしれません。
 『ああ、やっぱり空気式のドアエンジンはスクリュー式にはない味がある』なんて思っているかもね。



★今日の鉄道まめ知識★
0610046.jpg
 都営新宿線は新宿と本八幡を結ぶ地下鉄で、年間85億円の黒字をたたき出す都営地下鉄の稼ぎ頭です。新宿・市ヶ谷・神保町・秋葉原・日本橋と、都心部分をショートカットして走るため使い勝手のよい路線であること、地下鉄でありながら急行運転を行い(新宿線の電車は加速性能と高速性能を両立した優秀車です)、スピードが速いことも支持される理由に挙げられるでしょう。
 都営地下鉄の電車はつい最近まで、お金のかかった快適な電車を造っていました。新宿線の10-000形はその最たる電車で本文で記したとおりその中でも10-270と10-280は、究極の出来といっても差し支えありません。本当に揺れないんだこの電車。
 最近続々と投入が進んでいるのが10-300形(上の写真)。JR東日本の通勤型電車に準拠したつくりなため、都営地下鉄らしい強烈な個性が今ひとつ薄れてしまったのが残念です。乗り心地も70キロ以上の速度域では10-000形に一歩譲ります。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sibazuke.blog67.fc2.com/tb.php/8-02ca3eab
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

サマンサ

Author:サマンサ
 三度の飯より電車が好きな鉄道マニアの戯言。
 似顔絵は■裂斬ブログ■より。

最近の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。